プチ整形の魅力は手軽な施術で満足できる結果を手に入れられること

弛緩させしわ取り

鏡を覗きこむ女性

プチ整形は、体のどこも切る必要がない美容整形であるため多くの女性から絶大な支持を集めていますが、その分効果も小さめだと考える人も多いのではないでしょうか。しかしプチ整形は「切らない」だけで、その他のアプローチを使用してプチ整形以外の美容整形に負けず劣らずの効果を発揮します。
たとえば、特定の成分を体のなかに注入するプチ整形があります。体のなかに外から成分を入れるわけですが、日本の美容外科で行われているプチ整形ではその安全性がしっかり確認されているため、安心して施術を受けることができます。
その成分は、ヒアルロン酸が一般的に知られています。プチ整形の代名詞ともいえる存在で、その他の美容のシーンでもよく聞く成分です。そして、ヒアルロン酸以外にもプチ整形によく利用される成分はいくつかあります。そのうちのひとつが、「ボツリヌス・トキシン」と呼ばれているタンパク質です。

ボツリヌス・トキシンはタンパク質のため、人体に悪影響を及ぼすことがありません。もちろん使用方法を間違えればその限りではありませんが、日本に流通しているボツリヌス・トキシンは外国の検査や厚生労働省の厳しい検査をくぐり抜けてきた安全なものなので、心配することなくプチ整形を受けることができます。
ボツリヌス・トキシンの持つ効果は、筋肉を弛緩させるというもの。弛緩というと、力が入りにくくするということで、この作用が効果を発揮するのは「しわ取り」のシーンです。顔のあちこちに出来てしまうしわは、年齢をかさ増しさせてしまうため多くの女性がなくしたいと願っているものです。こういったしわは、表情筋が収縮し、そのスキマが凹むことにより出来てしまいます。そのため表情筋が弛緩し、スキマがなくなることで、しわがキレイに解消されるのです。
ボツリヌス・トキシンは、額や眉間、目尻、あごなど、実にさまざまなところに使用することができます。メスを使わずに注入するので非常に手軽であり、かつ驚くほどキレイにしわを取ることができます。プチ整形において、メスを使用しないというのはディスアドバンテージになりえないのです。